カスタムマシン

デーククラフトでカスタマイズするマシンは、スタイルよりもまずは走行性能を上げることに注意します。それは単純にパワーを上げるとかではなく、長く愛車のコンディションをキープでき、いつも気兼ねなく思い切り走れるようにモディファイするということです。折角の愛車ですから、季節を問わず遠くまで、あるときはサーキット走行すらもこなせるマシンであってほしい。それがわれわれの願いです。

YAMAHA RZ250

デーククラフト開業当初製作したRZ250を、エンジンOHを中心にリフレッシュしました。電子制御満載の最新SSとは対局をなす、なんのデバイスも持たないシンプルな構成ながら、軽量コンパクトで2サイクルらしいエンジン特性のRZは、腕に覚えのあるベテランライダーならば、排気量のカテゴリーを超えた走りを可能にします。
その他の写真はこちら


HONDA CB750Four(K4)

オリジナルを忠実に再現した車両が多い中、自由な発想でコンディションよく乗り続けられるようにカスタムしたCB750Fourです。
その他の写真はこちら 


SUZUKI GSX1100Sカタナ

カタナカスタムの定番、前後17インチ仕様です。オーリンズサスペンション、FCRキャブレター、ヨシムラエンジンパーツなど定番で固めました。

その他の写真はこちら


YAMAHA FZ750 Sundayracer

デーククラフトがオープン間もない頃に製作して以来、少しずつモディファイを重ねてきたFZ750レーサーです。XJR1200レーサーと共に、デーククラフトレーシングのサンデーレース活動を引っ張ってきた1台を紹介します。

その他の写真はこちら


DeakCraft XJR Racer

デーククラフトレーシング・サンデーレース活動の主力マシンXJRレーサーです。XJRカスタムのテストマシンでもありますので、お客様のマシンに転用可能なベーシックな改造をメインにセットアップを進めています。

その他の写真はこちら


Triumph Daytona675 Racer

トライアンフのミドルスーパースポーツDaytona675をサンデーレーサーに仕上げました。各部はST600仕様に準じますのでもちろん選手権レースにも参加可能です。外装はマットブラックをベースに、チェッカパターンとブルーのラインをワンポイントに使い、SSマシンとしては珍しいパターンのカラーリングになっています。

その他の写真はこちら


DUCATI MonsterS4 Racer

この車両はずいぶん前に製作したものですが、街乗り・レース兼用というある意味サンデーレースのあるべき姿を追求した1台です。いつでも街乗りに戻せるように、フレームやワイヤーハーネスなどには手を加えず、レースレギュレーションをクリアした上で、普段のメンテが容易なように考慮して製作しました。

その他の写真はこちら


YAMAHA YZF-R6 Racer

2013年の九州ロードレース選手権で井上拓海(17歳)が駆るYZF-R6・ST600仕様です。昨年のJ-GP3(NSF250R)からマシンを変更、九州ロードでマシンに慣れながら、夏の鈴鹿4時間耐久オートバイレースを目指します。

その他の写真はこちら