レース · 2020/07/03
ちょっと前に買っていた『TZ本』にやっと目を通しました。私がその開発に携わったのは89年型3LCから。中でも最も思い入れが強いのは後方排気最終型の90年型3TCです。この本でも試乗を担当している難波恭司選手を開発の中心に据え、若き天才原田哲也に先行開発車両の1台を委ねて全日本を戦ったのでした。私は当時原田哲也が駆る先行開発車両のメカニックを担当しており、次期モデルに投入する開発パーツを実戦でテストしながらその性能や耐久性を検証していました。3TCは1990年西日本サーキットで初開催となった全日本ロードレースで、原田が全日本初優勝を飾った思い出のマシンでもあります。軽量コンパクトで整備性に優れ、地方選から全日本、世界グランプリまで多くのライダーに愛された1台でした。
雑談 · 2020/07/01
先日から『ちょっと旧いバイクはいいですよ~』みたいなことを書いてたら、『でも補修部品の手配とか大変じゃないですか?』と質問があったので、今日はそのあたりについて書いてみます。
雑談 · 2020/06/30
前回旧車について少し触れましたが、今回はその中でも1980年代に登場したマシン達について書いてみましょう。
雑談 · 2020/06/23
空前の旧車ブームです。2輪も4輪も。
レース · 2020/06/17
ロードレースをやっている人の会話の中にしばしば登場する言葉『〇〇秒が出た!』。ラップタイムというのはサーキットにおける速さを測るときに最もわかりやすい基準ですから、それをひとつの目安にして練習に励むのは当たり前です。レースの世界では8秒よりは7秒出した人の方がエライし、コースレコードホルダーなんて憧れの対象ですらあるでしょう。ただそれだけを追求すると迷路の入り込んでしまいかねません。
雑談 · 2020/06/14
オートバイにとって軽さは正義です。
デーククラフトがFRP燃料タンクを作るきっかけになったのは、店主を含めて旧車のタンクが錆びて困っている方がたくさん居たためです。カウルやシート、フェンダーなどは社外品のFRP製品が手に入るためそれほど困りませんが、燃料タンクは社外品がほとんど出回っていませんでした。多くのみなさんがネットオークションなどで中古品を入手するわけですが、程度の差こそあれ少なからず錆が発生しており、『そのうち穴があく』を繰り返すというパターンでした。高温多湿の日本では冬でも燃料タンク内で結露が発生して水が溜まるため、通勤や通学などで頻繁に乗る方でなければ、錆が発生します。これは多くのバイクが鉄製燃料タンクを使っている以上避けては通れないことで、それじゃぁ絶対錆びない燃料タンクは?と考えたときにたどり着いた答えは二つでした。アルミもしくはFRPです。アルミは高い質感を実現できるのですが、STDの形状を再現しようとすると金型が必要になるためコストがかかり、また高度なプレス技術も欠かせません。うちのような個人商店にはハードルが高すぎました。FRPは質感と経年変化によるクラックが心配だったのですが、製造方法を工夫することで高い耐久性が実現できますし(既に40年近い製造実績があります)、質感に関しては完璧にSTD形状を再現することが可能ですので、高品位な塗装を施すことで純正に引けを取らない質感が実現できました。
雑談 · 2020/06/10
10年以上前FacebookやTwitterを始める前にやっていたブログ『今日もネジを回すのだ!』を復活させることにしました。SNSでは紙面の足りないネタを不定期にUPして行こうと思います。日々の小ネタは引き続きSNSで。